スポーツ

角雅人(レスリング)の高校大学や身長体重は?プロフィールや経歴も

2019年6月14日(金)東京・駒沢体育館にて開催されたレスリング全日本選手権第2日目の男子グレコロースマンスタイル87キロ級で、昨年の全日本選手権覇者の「角雅人」選手が2連覇を成し遂げ、9月・カザフスタンで行われる世界選手権代表を決めました。

 

決勝戦は同門対決でしたが、5-3で逃げ切る試合運びとなった。

 

今回は、角雅人選手にフォーカスして調べてみました。

 

題して【角雅人(レスリング)の高校大学や身長体重は?プロフィールや経歴も】早速まいりましょう!

角雅人(レスリング)の高校大学や身長体重は?

角雅人選手の高校大学や身長体重は以下になります。

転載元:日本レスリング協会 選手&大会データベース http://db.japan-wrestling.jp/player/%E8%A7%92%E9%9B%85%E4%BA%BA/

 

身長:180

体重:90kg

高校:佐賀県立鳥栖工業高等学校

大学:行っていない

 

角選手の最終学歴は佐賀県立鳥栖工業高等学校でした。

 

卒業後、自衛隊体育学校に所属し、入隊後はすぐに頭角を現し、国際大会でも活躍しています。

 

大会成績などは、次のプロフィールや経歴でみていきましょう!

角雅人(レスリング)のプロフィールや経歴も

早速プロフィールからみていきます。

角雅人・プロフィール

名前:角雅人(すみまさと)

生年月日:1994年3月17日

出生地:愛知県

出身地:佐賀県

趣味:ゲーム

好きな食べ物:寿司

休みの日にしていること:ショッピング

イヌ派 or ネコ派:ネコ派

所属:自衛隊体育学校

種目:男子グレコローマンスタイル87kg級

転載元:佐賀新聞 https://www.saga-s.co.jp/articles/-/230728

 

角雅人・経歴

角選手は、2017年のデーブ・シュルツ記念国際大会より87kg級に変更したようです。

 

高校時代は全国大会無冠。

自衛隊に進み2013年JOC杯ジュニア84kg級で初の全国優勝を達成し、世界ジュニア選手権に出場(10位)。

2014年は80kg級でアジア選手権に出場(8位)・全日本選抜選手権に出場(2位)し、世界選手権出場を果たした(29位)。

また、全日本選手権で初優勝を飾る。

2015年に全日本選手権85kg級(2位)となり、翌年のリオジャネイロ五輪最終予選出場の機会を得るも実らず。

2017年全日本選手権85kg級(2位)を経て、デーブ・シュルツ国際大会(米国)で優勝。

その後の全日本選手権で2度目の優勝を飾る。

更に2018年アジア選手権で銀メダル獲得と力をつけた。

同年6月の全日本選手権でも優勝し世界選手権(10月・ハンガリー)の出場を決めた。

7月のベービ・エムレ&ハミト・カプラン国際大会(トルコ)では3位入賞を果たす。

 

自衛隊に入隊後にメキメキと実力を発揮してきた角選手ですが、チョコチョコ階級変動もありましたので、簡単にまとめてみました。

 

主な大会(成績1位~3位)と共に階級の変動にも注目していみてみましょう!

 

・2010年
JOC杯カデット:GR76kg級 3位

・2011年
JOCカデット杯:GR76kg級
インターハイ:FS74kg級 3位
全国高校生グレコローマン選手権:GR74kg級 3位

※この年一度階級を下げていますが、翌々年は階級をあげてGR84kg級で出場しています。

・2013年
全国社会人オープン選手権:GR84kg級 1位

・2014年
全日本選抜選手権(男子グレコローマン):GR80kg級 2位
全日本社会人選手権:GR85kg級 1位
ビル・ファーレル国際大会:GR85kg級 3位
全日本選手権(男子グレコローマン):GR80kg級  1位

※この年は、大会によって階級を上げたり下げたりしています。
大会出場数もかなりありますが、成績は良いときと悪いときの差幅が大きいように感じます。

・2015年
全日本社会人選手権:GR85kg級 1位
国民体育大会(成年):GR85kg級 2位
ビル・ファーレル国際大会:GR85kg級 2位
全日本選手権(男子グレコローマン):GR85kg級 2位

※この年は85kg級のみの出場でした。
このまま85kg級で進むのかなと思っていましたが・・・

・2016年
全日本選抜選手権(男子グレコローマン):GR85kg級 2位
全日本社会人選手権:GR98kg級 1位

※なんと、角選手初の98kg級に出場、優勝されています。
一年で10kg弱の体重変動は容易ではないと思いますが、しっかりと結果を出されているのはさすがですね!

・2017年
全日本選抜選手権(男子グレコローマン):GR85kg級 2位
全日本社会人選手権:GR98kg級 1位
国民体育大会(成年):GR85kg級 1位
デーブ・シュルツ記念国際大会:GR87kg級 1位
全日本選手権(男子グレコローマン):GR87kg級 1位

※遂にこの年から87kg級に変わりました。
ここから、階級の変動はなく全ての大会でGR87kg級に出場されています。

・2018年
アジア選手権:GR87kg級 2位
全日本選抜選手権(男子グレコローマン):GR87kg級 1位
ベービ・エムレ&ハミト・カプラン国際大会:GR87kg級 3位
全日本選手権(男子グレコローマン):GR87kg級 1位

・2019年
ダン・コロフーニコラ・ペトロフ国際大会:GR87kg級 2位
全日本選抜選手権(男子グレコローマン):GR87kg級 1位

 

以上が角選手の経歴になります。

 

9月・カザフスタンで開催される世界選手権にて、同階級で与えられる東京五輪出場枠は5位以内。

 

角選手は「5位と言わず3位以内に入って、一発で東京五輪出場を決めたい」とコメントされています。

 

ぜひ世界選手権では、表彰台に立ち東京五輪の出場を決めていただきたいですね!

まとめ

今回の【角雅人(レスリング)の高校大学や身長体重は?プロフィールや経歴も】はいかがでしたでしょうか。

 

個人的には小島よしおさんに似ているように見える角選手、ご本人も「ポジティブに言えば山田親太朗、個人的な好みは小島よしお」とお話しされていました!

 

まだ課題はいっぱいあると語っている角選手ですが、ぜひ課題を克服し東京五輪で表彰台に立って欲しいですね!

 

今後の角選手のご活躍の期待しましょう!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!