人物

滝口幸広の実家の料理店が判明!結婚や彼女・経歴プロフィールも!

俳優の滝口幸弘さんが11月13日(水)、突発性虚血心不全でお亡くなりになりました。

 

享年34歳。 

 

滝口さんと言えば、実家は「アペティート」というイタリア料理店で、ご自身も調理師免許をお持ちで、腕前にも定評があります。

 

今回は滝口幸広さんについて詳しくご紹介していきます。

 

題して【滝口幸広の実家の料理店が判明!結婚や彼女・経歴プロフィールも!】早速まいりましょう! 

 

滝口幸広の実家の料理店が判明!

滝口幸広さんのご実家は、千葉県鴨川市にあるイタリア料理店です! 

 

お父様が経営されており、お店の名前は「アペティート」 

 

「アペティート」滝口公式サイトはコチラ

 

「アペティート」の常連客にシンガーソングライター・リリィさん!

 

リリィさんと言えば、ドリカム・吉田美和さんの義母ですよね。

 

また、滝口さんご自身んも調理師の免許をお持ちで、特技が「料理」と料理の腕にも自信があるそうです。  

 

一度口にした料理は再現できるほどの腕前。

 

もしかしたら、いずれは芸能活動と並行して実家のイタリア料理店を継ぐことも考えられていたのかもしれませんね。

 

次に、滝口さんの結婚や彼女ついてみていきます。

滝口幸広の結婚や彼女は? 

滝口さんはご結婚されていないようです。

 

また、彼女について名前があがるのはグラビアアイドル・川村ゆきえさんでした。

過去に一緒に歩いていたところを目撃されたことがきっかけで噂になったようです。

 

ですが、特に週刊誌に写真を撮られたわけでもなく、その後も目撃情報が出てきたわけでもなく噂の域をでていません。

 

交際があったかどうか、ハッキリとした情報は見当たりませんでしたので、もしかしたら噂だけだったのではないかと思います。

 

滝口さんはとてもイケメンですし、料理もお得意とのことですので彼女がいても不思議はありませんよね。

 

次に、滝口さんの経歴プロフィールをまとめました。

滝口幸広の経歴プロフィールも!

滝口幸広さんのプロフィールと経歴は以下です。

 

滝口幸広|プロフィール

名前:滝口幸広(たきぐち・ゆきひろ)

愛称:たっきー・ゆっきー

生年月日:1985年5月29日

出身地:千葉県

血液型:AB型

出身高校:千葉県立長挟高等学校

身長:179㎝

趣味:サッカー・麻雀

特技:料理・サーフィン

資格:調理師免許

事務所:スターダストプロモーション

 

滝口幸広|経歴

滝口幸広さんは千葉県出身で、1985年5月29日生まれの享年34歳。

 

自宅から海までが近く、中学・高校時代とサーフィン三昧。

 

サーフィンをしているところをスカウトされ芸能活動をスタート。

 

モデル活動からスタートしましたが、当時話題のドラマ「WATER BOYS」の撮影現場を見て俳優を志すようになりました。

 

その為、自らスターダストプロモーションに履歴書を送り見事合格!

 

そして2004年、俳優デビュー。

 

デビュー作はなんと「WATER BOYS2」の鳥羽役でした。

 

2006年、舞台「ミュージカル テニスの王子様」にて大石秀一郎役で注目を集めます。

 

その後、若手俳優グループで結成された「PureBOYS」のメンバー入りを果たし、ドラマや映画・舞台など他方面に活動の場を広げていきました。

 

また、静岡県の方なら見たことがあると言われているCM「浜名湖自動車学校」。

 

浜名湖自動車学校のハマインというワードで一躍有名に。

 

 

また、その他にも多数の作品にご出演されていました。

 

そして、滝口さんと言えば麻雀の腕前がプロ級で有名です!

 

滝口幸広|麻雀

滝口さんは、ドラマ「發の竜~逆転の闘牌」にて雀士を演じています。

 

中学生の頃、漫画で麻雀の存在を知り20歳で麻雀を始めました。

 

麻雀歴は14年で、週に1回は麻雀をされるほど。

 

プロの雀士から「プロにならないか?」とスカウトされるほどの腕前。

 

また、芸能界では俳優・萩原聖人さんがプロの麻雀リーグ「Mリーグ」の選手で有名ですね!

 

ルックスよし!麻雀の腕も良し!とのことで、麻雀業界では一目置かれていたようです。

まとめ

今回の【滝口幸広の実家の料理店が判明!結婚や彼女・経歴プロフィールも!】はいかがでしたでしょうか。

 

滝口幸広さんの実家の料理店は「アペティート」。

 

結婚はされておらず、彼女の存在公にはされていませんでした。

 

早すぎるお別れにに悲しみと驚きの声が多数上がっている滝口幸広さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。