人物

浪花千栄子の経歴や旦那・子供は?朝ドラ(おちょやん)ヒロインのモデル!

女優の杉崎花さんが、2020年ど後期連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに抜擢されました。 

 

同ドラマは「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優・浪花千栄子さんの人生がモデルです。

 

今なお上方女優の代名詞といえる存在のじ「浪花千栄子」さんとはどうのような人物なのでしょうか。

 

今回は【浪花千栄子の経歴や旦那・子供は?朝ドラ(おちょやん)ヒロインのモデル!】と題して調べてみました。

 

浪花千栄子の経歴や旦那・子供旦那は?

それでは女優・浪花千栄子さんのプロフィールと経歴からみていきます。 

 

浪花千栄子|プロフィール

名前:浪花千栄子(なにわ・ちえこ)

別名:香住千栄子(かずみ・ちえこ)

本名:南口キクノ(なんこう・きくの)

生年月日:1907年11月19日

没年月日:1973年12月22日

出身地:大阪府

職業:女優

主な受賞名:

  • ブルーリボン賞助演女優賞(昭和28年)
  • 毎日映画コンクール女優助演賞(昭和29年)
  • 大阪府なにわ賞(昭和33年)
  • NHK放送文化賞・第1回(昭和38年)

 

浪花千栄子|経歴

浪花千栄子さんは大阪府南河内郡東板待町出身で、1907年11月19日生まれの女優。

 

1973年12月22日、消化管出血のため死去しています。

 

今日年66歳。

 

お亡くなり後に、勲四等瑞宝賞を受賞されています。

 

浪花千栄子さんと言えば、オロナインのCMで有名ですよね!

 

本名の「なんこう・きくの」に因んで、オロナイン軟膏のCMに起用、ホーロー看板にも登場しました。

 

「なんこうきくの=軟膏効くの」という理由のようです。

 

経歴①大正

ご実家は養鶏場を営んでいましたが、あまり裕福な家庭ではなく8歳の時に道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出されました。

 

造り酒屋にも奉公、独学で文字を覚えました。

 

その後、京都で女給として働きます。

 

18歳の時、知人の紹介で村田栄子一座に入り、舞台に立つようになりました。

 

ですが、入場客の不入りが続き東亜キネマ等持院撮影所に移りました。

 

「香住千栄子」という芸名で端役出演を続け、1962年(大正15年)山上伊太郎の初シナリオによる大作「帰ってきた英雄」の準主役に大抜擢。 

 

以後、映画出演を続けていたが、給与未払いなどもあり映画界かっら足を洗います。

 

経歴②昭和

昭和4年(1929年)新潮座に入り、大阪弁天座にて初舞台。 

 

昭和5年(1930年)渋谷天外と結婚し、松竹家庭劇に入団します。 

 

2代目渋谷天外、曾我廼十吾らの指導を受けたが、劇団が新喜劇に変わった昭和26年(1951年)天外と離婚し退団しました。

 

同年、NHKラジオ「アチャコ青春手帖」出演し、29年からの「お父さんはお人好し」では花菱アチャコと共演、なにわ女を公好演しています。

 

溝口健二監督の映画「祇園雅子」で28年度ブルーリボン賞助演女優賞をはじめ、

  • 29年「二十四の瞳」「女の園」
  • 32年「大阪物語」
  • 33年「喜劇・駅前旅館」
  • 34年「花のれん」

 

などの映画で好演。

この間、大阪府なにわ賞を受け、38年には第1回NHK放送文化賞を受賞しました。

 

1965年に自叙伝「水のように」を出版されています。

 

以上が、浪花千栄子さんの経歴になります。

 

かなり濃いエピソードが満載ですので、朝ドラ「おちょやん」ではどのように描かれるのか楽しみですね♪

浪花千栄子|旦那

浪花千栄子さんは、昭和5年(1930年)22歳の時に、喜劇俳優で劇作家の2代目渋谷天外と結婚しました。

 

渋谷天外さんは上方を代表する喜劇作家・劇作家です。

 

昭和23年(1948年)40歳の時、旦那で2代目渋谷天外さんは「松竹新喜劇」を旗揚げし、浪花千栄子さんは看板女優としてご活躍。

 

「松竹新喜劇」では、伝説の喜劇役者・藤山寛美さんらを輩出しています。

 

旦那・2代目渋谷天外との離婚

2代目渋谷天外さんは、新人女優・九重京子さんと浮気をし子供が生まれます。 

 

このことがきっかけで離婚し、昭和26年(1951年)松竹新喜劇を退団しました。

 

芸能界から身を引き、同業者の中では行方同様に。

 

その後、NHK大阪放送局の富久進次郎プロデューサーが、大阪浪花で行方不明だった浪花千栄子さんを探して見つけだします。

 

その後、浪花千栄子さんを説得し「アチャコ青春手帖」に出演し大ヒットしブレイクしました。

 

浪花千栄子|子供

浪花千栄子さんには子供はいなかったようでうす。

 

晩年、養女と一緒に「料理旅館 竹生(ちくぶ)」を営んでいますので、やはり子供はいなかったのではないでししょうか。

 

浪花千栄子は朝ドラ(おちょやん)ヒロインのモデル!

 

朝ドラ「おちょやん」の脚本は「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」「家政夫のミタゾノ」などで知られる八津弘幸さんが手掛けます。

 

大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女・竹井千代が、奉公に出ていた道頓堀でお芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指し、喜劇の世界と出会い、喜劇界のプリンスと二人三脚で、昭和の戦前・戦中・戦後の激動期を駆け抜けるた物語。

 

大阪のど真ん中を舞台にした、笑って、泣けて、人情溢れる、波乱万丈の浪花千栄子さんを描いています。

 

杉咲花さん起用理由

大阪で古い時代の女優さんの話をやるって決まった時に、演技力が非常に大事だと思い、戦前・戦中・戦後という長い期間を演じられる女優よなったとき、杉咲花さんのイメージが固まったそう。

  • この年代で突出した演技力
  • チャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有な女優

 

そして、8月にオファーしたところ快諾したとのことです。

 

「おちょやん」とは?

おちょぼさんがなまった大阪ことばで、茶屋や料亭などで働く、小さな女中さんを意味します。

 

女奉公していた8年間はヒロインの原点であり、「おちょやん」という言葉の親しみやすさ・かわいらしさ・意地と誇りなどの象徴としてタイトル化されたとのこと。

 

杉咲花さんの明るく弾けてた、大阪弁での演技に期待できそうですね!

 

「おちょやん」の放送開始は2020年秋、2020年4月よりクランクイン予定!

 

撮影のオフショットなども楽しみに待ちましょう!

まとめ

今回の【浪花千栄子の経歴や旦那・子供は?朝ドラ(おちょやん)ヒロインのモデル!】はいかがでしたでしょうか。  

 

波乱万丈の浪花千栄子さんを演じるのは、若手の中で一番実力があると言われている杉咲花さん。

 

シリアスな役柄が多いイメージですが、バラエティ番組に出ている杉咲花さんはとても明るいですよね!

 

その明るさや大阪弁・浪花千栄子さんの生涯をどのように描いているのか!?気になるとこが満載の連続テレビ小説「おちょやん」は、2020年秋放送スタートです!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!