グルメ

スタバ軽減税率でドライブスルーは?持ち帰りの基準についても!

いよいよ、2019年10月1日より消費税が10%に増税されます。

 

これに伴いスターバックス コーヒー ジャパンも、持ち帰り:8%・店内飲食:10%の税率を適用するそうです。

 

メニューには本体価格(税抜き価格)のみを表示いし、表示方法の変更・本体価格(税抜き価格)の変更は予定しないとのこと。

 

では、ドライブスルーはどのような税率になるのでしょうか。

 

今回は【スタバ軽減税率でドライブスルーは?持ち帰りの基準についても!】と題して調べてみました!

 

スタバ軽減税率でドライブスルーは?

スタバ軽減率でドライブスルーに税率はどうなるのでしょうか。

 

実際にお問い合わせして確認してみました。

 

ドライブスルーで税率は通常店舗の購入と同じとのことでした。 

 

それでは、スターバックにおける軽減税率の対応方法をみていきしょう!

 

スタバ軽減税率|対応方法

お持ち帰り専用商品を除いて、お支払い方法により税込価格が異なります

 

店内飲食:本体価格(税抜価格)+ 消費税10%

お持ち帰り(To Go):本体価格(税抜価格)+ 消費税8% 

 

ドライブスルーも通常と同様に、精算時「持ち帰りか店内飲食か」確認するとのこと。

 

精算時のみに確認を行うだけのようですので、今まで通りのお支払いと変わりませんね!

 

また、持ち帰りの方が、客席を利用している否かを各店舗で確認することは想定していないそうです。

 

店内表示価格・本体価格

店内表示価格は今まで通り変更なし。 

 

全て本体価格(税抜価格)での表示。

 

また、本体価格(税抜価格)の変更はなく、精算時の自己申告で税率は変わります。

 

2019年10月1日(火)以降の税込価格の確認は、レシート・レジのカスタマーディスプレイ表示にて確認してください。

コーヒー豆・グッズは?

家庭用コーヒー豆(スターバックス オリガミ®やスターバックス ヴィア®などのシングルサーブコーヒー含む)は、お持ち帰り専用飲料商品となるため、消費税率は一律8%。

 

マグカップやタンブラーなどのグッズ類の消費税率は、一律10%。

 

スターバックス カード発行・入金金額・Starbucks eGift の購入金額は非課税。 

 

ポイント還元制度

経済産業省によるポイント還元制度(正式名称:キャッシュレス・消費者還元事業)は、スタバ国内店舗において制度の対象外との事で、実施はありません。

 

 

以上が、2019年10月1日(火)から実施される消費税10%に伴う、ドライブスルーおよび店舗での対応方法です。

スタバ軽減税率|持ち帰りの基準についても!

持ち帰りの基準ですが、レジ精算時での自己申告となります。

 

店内飲食では10%・持ち帰りでは8%と2%税率が違ってきます。

 

また、店舗は100%お客様の申告を信じレジ精算されますので、持ち帰り8%精算した後の店内利用は控えましょう!

 

店内飲食10%の精算をしてから店内を利用しようと思っても、満席で座れない!ということも、混雑時にはあり得るかもしれません。 

 

そんな時、手をつけていない商品の場合は、商品とレシートを見せると改めて精算となり、軽減税率分の差額を返金してくれるそうです。

 

ちょっと安心ですね!

 

ですが店内飲食の際は、あらかじめ座席を確保してからレジ精算されるといいかもしれません。

まとめ

今回【スタバ軽減税率でドライブスルーは?持ち帰りの基準についても!】はいかがでしたでしょうか。 

 

8%から10%の増税間近で、各ジャンルで駆け込み需要が増えていることと思います。 

 

店内表示や本体価格は変わらないスターバックス コーヒー ジャパン。

 

税率は、店内飲食:10%・持ち帰り:8%、ドライブスルーも同じ、レジ精算時のみの確認となります。

 

また、税込価格の確認はレシート・レジのカスタマーディスプレイ表示にて確認できますので、気になる方はその都度確認してください。 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!