芸能

ゆたぼんの不登校の理由や原因は?世間の反応をまとてみた!

何かと話題になるYouTuber! 

 

最近、特に気になる小学生YouTuber・中村逞珂ことゆたぼん!  

 

世間から賛否両論ある不登校問題ですが、現在は学校に通っているのでしょうか。  

 

また、どのような経緯で不登校になったのでしょうか。 

 

今回はゆたぼんの不登校の理由や原因は?世間の反応とてみをまた!】と題して調べてみました! 

 

早速まいりましょう!

ゆたぼんの不登校の理由や原因は?

2017年3月が初回投稿日で、週に1〜2度程YouTube動画をアップしているようです。 

 

ゆたぼんの出身地は大阪府ですが、2018年6月から、家族で沖縄に移住。 

 

2018年8月19日の投稿で、「不登校は不幸じゃない」とアップ。

2019年5月5日、琉球新報に掲載される。

不登校の理由や原因は?

ゆたぼんは、小学3年生の頃から学校へ通わなくなりました。 

 

学校での宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさらされ、不満を抱きました。 

 

担任の言うことを聞いている同級生がロボットのように見えたゆたぼんは、「俺までロボットになってしまう」と思い、学校に通わないと決意し、不登校になったそうです。 

 

「大阪にいる時、宿題が嫌で、先生と話し合いもしたのに、休み時間にやらされて、嫌になって、学校に行かなくなって、で、不登校になっちゃった」と動画でもお話しされています。

この決断を快諾したご両親のおかげで、今ゆたぼんは、若干10歳にして自分の生きる道を、見つけたのではないでしょうか。 

 

現在、ゆたぼんは「少年革命家ゆたぼんチャンネル」というチャンネル名で、YouTuberとして、ご活躍されています。 

 

このようなご決断を応援してくださるご両親は、一体どのような方なのか調べてみました!

ゆたぼんの両親

父親

名前:中村幸也  

 

中村幸也さんは、中学時代は不良としてバイクを盗んでグラウンドを走り回ったり、学校内で、堂々と歩きタバコをするなど、素行の悪さが目立っていたようです。 

 

中学卒業後は、高校へは行かず働くも、3ヶ月で退職。 

 

20回以上も転職を繰り返し、副総長になったご経験もあるようです。 

 

その後、うつ病になったことをきっかけに、地元を離れたこともあったとのこと。 

 

2010年から心理学を真剣に勉強し、現在は、心理カウンセラー・禁煙カウンセラーとして、ご活躍されています。 

 

また、自らの経験を活かし、講演などで、同じような境遇の方達にアドバイスなどもされてきます。 

 

さらに中村幸也さんは、「あきらめる勇気」という書籍も発売されています。

母親

名前:きよみん(ハンドルネーム) 

 

きよみんは16歳で妊娠、17歳で出産、今では、ゆたぼんを含め5人のママをしています。 

 

大阪時代は子供達が小さかったため、育児や仕事が忙しく、非常に多忙で目まぐるしい毎日を過ごしていたようです。 

 

ですが、沖縄に移住してきてからは、名刺やフライヤーのデザインを手掛けるという夢を見つけたそうです。 

 

その後、DTP学校を卒業し、これからという時に、自宅のパソコンが故障。  

 

なんとしても夢を叶えたかったきよみんは、「polca」という人々の夢を支援するサイトで夢を語り、新しいパソコンを買うお金を支援してもらっていたそうです。 

 

ゆたぼんの父・中村幸也さんもオフィシャルブログでゆたぼんの母・きよみんの夢を応援。 

 

読者に支援金が集まるように呼びかけていたようです。

ご両親ともに、自分のやりたい事を貫いていらっしゃいますね! 

 

ゆたぼんの今の生き方を応援しているのがよくわかるご両親ではないでしょうか。

ゆたぼんの世間の反応をまとてみた!

やはり賛否両論が飛び交っていますね! 

 

不登校問題はとてもセンシティブな問題です。

 

ご家庭の教育方針によるところが大きいとは思いますが、義務教育を受けないまま大人になっていくとしたら、義務養育を受けて大人になった方達とは大きく何が違うのか、とても興味深いです。

 

今後のゆたぼんの動向から目が離せません! 

まとめ

今回のゆたぼんの不登校の理由や原因は?世間の反応とてみをまた!】はいかがでしたでしょうか?

 

子役とは違う形で有名になったYouTuber・ゆたぼんですが、10歳にして、「生き方」についての動画配信が多くなってきているように感じます。

 

いじめなどの不登校で悩んでいる親御さんには、ゆたぼんの生活は新しスタイルとして受け入れられるのでしょうか。

 

ゆたぼんの叫びは、不登校の方々に勇気を与える情報発信なのかもしれませんね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!