芸能

雨宮塔子NEWS23の降板理由は?今後の活動や日本の番組出演ある?

毎週月曜~金曜・23時30分から放送されている、TBS系「NEWS23」のキャスター「雨宮塔子」が2019年5月31日の放送で番組を降板しました。

 

駒田健吾アナウンサー・宇内梨沙アナウンサーが、最後の生放送後にスタジオで花束を持つ写真をSNSにアップしたことでも話題になりました。

 

今回は【雨宮塔子NEWS23の降板理由は?今後の活動や日本の番組出演ある?】と題いてみていきたいと思います。 

雨宮塔子NEWS23の降板理由は?

明確な理由は発表されていませんが、いくつかの理由が考えられます。

理由① フランスに戻りたい

放送の最後に雨宮アナは以下のようにコメントしています。

「この番組に携われたことが本当に幸せでした。
フランスぬまた戻るんですけど、そこで触れたヨーロッパの文化や女性の生き方など、折々、この”NEWS23″でもお伝えできればと思います。
また厳しい目でご指導いただければと思います。」

 

また、2018年12月21日号の週刊朝日のインタビューでは、以下のように語っていました。

「パリに戻りたいです。子供がいますからね。
本人たちも”フランス”でという固い希望があるし、私もフランスの教育はいいと思います。」

 

やはり、フランスへの慕情が強いようですね。

 

雨宮アナは、TBS退社後の2002年にパティシエのAさんとご結婚、2015年に離婚。

お二人の間には、2003年に長女・2005年に長男が誕生しており、お子様はパリで暮らしています。

フランスでは共同親権を持つことが出来るので、元夫Aさんとその再婚相手の女性が、二人のお子様を見ているようです。

お子様がお休みの時は、日本医呼び寄せ雨宮アナの実家で過ごしているとのこと。

また、現在 雨宮アナには、事実婚状態のフランス人パートナーがいるとも言われています。

 

以上の背景からも、フランスが恋しくなり戻るという選択をされたことが、「NEWS23」を降板すると理由の一つになるのではないでしょうか。 

理由② 視聴率の伸び悩み

雨宮アナが「NEWS23」に就任した直後の視聴率は微増していました。

 

就任の発表があった時からかなり話題になっていましたので、視聴率UPは当然と言えば当然の結果かもしれません。

 

ですが、その後の視聴率は低迷しかなり伸び悩んでいたようです。

 

そして、雨宮アナを起用したときの番組リニューアルは「編成主導」で失敗だった、という認識が局内では根強いよいとのこと。 

 

その為、今回は「報道主導」で行われているようで、コメント力に定評のある小川彩佳アナを起用したのではないかと、TBS局員の方が語っていました。

 

「NWES23」の降板理由は大きく2つあると推測いたします。

 

雨宮アナの「NWES23」を見ることが出来なくなるのは淋しいですが、今後の小川アナのご活躍にも注目が集まりそうですね!

雨宮塔子の今後の活動や日本の番組出演ある?

現時点での雨宮アナの日本での番組出演は予定されていないようです。

 

ですが、2019年7月スタートの「step☆なりたい私へ」@沖縄での第1回講師(7月6日)に決定しているようです。

 

まずは、こちらの講師が降板ご初の日本での活動になる可能性が高いですね。

 

まだ、降板して数日しか経っていないので、今後 多方面からお声がかかるのではないかと思います。

 

ですが、フランスへ戻りたい気持ちが強いようですので、しばらくは日本での活動は控えるかもしれませんね!

 

今後の雨宮アナの動向に注目していきていと思います! 

まとめ

今回の【雨宮塔子NEWS23の降板理由は?今後の活動や日本の番組出演ある?】はいかがでしたでしょうか。

 

雨宮アナの降板を惜しむ声が沢山聞こえてきますね。

 

雨宮アナも涙ぐみ、声を震わせて最後の挨拶をされていましたので、もしかしたらもう少し続けたいお気持ちがあったのかもしれません。

 

少しお休みして、また元気な雨宮アナを見ることが出来る日を楽しみに待ちたいと思います♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!