芸能

中島健太の経歴・プロフィール!作品の価格や通販・販売店は?

美術業界では34歳と若手の中島健太さん。

 

ですが、これまでに開催してきた個展で全ての作品が完売。

 

ベッキーさんの肖像画でも話題となり、今最も作品が購入できない画家として有名です。

 

TBS系の新情報番組「グッとラック!」の木曜コメンテーターとしても出演されている中島健太さん。

 

一体どのような人物なのでしょうか。

 

今回は【中島健太の経歴・プロフィール!作品の価格や通販・販売店は?】と題して調べてみました。

中島健太の経歴・プロフィール!

中島健太さんのプロフィールや経歴は以下になります。

中島健太|プロフィール

名前:中島健太(なかじま・けんた)

生年月日:1984年12月10日

出身地:東京都

身長:172cm

高校:東京都立富士高等学校

大学:武蔵野美術大学油絵科

中島健太|経歴

中島さんは、新宿美術学院に在籍後、1浪ののに、武蔵野美術大学油絵科に進学されています。

 

高校時代、進路の選択時期に いつものほほんとマイペースに生きているように見えた中学時代の先生を思い出した。

 

自由な生き方もあるんだなぁと当時感じていた中島さん。

 

それを思い出し、進路指導の時「美大」という選択肢が頭に浮かんだそう。

 

3年の秋までアメリカンフットボールに没頭していた為、それから美大受験の準備を始める。

 

現役合格は出来ず浪人生に…。

 

当時、父親が大病を患っていたため、経済的にどうなるか分からない状況。

 

1年で絶対受かるために、必至に予備校(新宿美術学院)に通い、見事 武蔵野美術大学に合格。

 

予備校時代の画材代などは、バイト代などで工面していたとのこと。

 

武蔵野美術大学

転機は大学3年生。

 

初めて応募したコンクールに入選した際、ギャラリーさんから声をかけていただき、グループ展に出展することに。

 

そこで絵が売れたことが、中島さんのキャリアスタート!

 

2008年に武蔵野美術大学油絵科を卒業。

 

武蔵野美術大学卒業後~現在

・2008年10月
池袋東武百貨店にて初個展を開催し、同個展では作品が完売。

ですが、同個展では売り上げ数百万を全部持ち逃げされたとか。

会期中、なかなか画商さんが現れずそのまま連絡がつかなくなったそう。

信用していた人に裏切られ、作品自体も否定された気分になってしまい、しばらく筆をにぎることが出来ない時期があったとのこと。

 

・2009年(当時24歳)
日展に初出展し、特選を受賞

初出展としては最年少の特選受賞

 

・2014年
日展に出展し、2度目の特選を受賞

20代のうちに2度目の特選受賞は、小磯良平氏とな並ぶ記録。

 

・2018年4月
タレント・ベッキーさんをモデルにした肖像画を蔦屋書店・NEWoMan新宿などで展示し反響を呼ぶ

 

8月末~9月にかけての3日間、大阪・梅田の蔦屋書店にて36時間ライブペインティングに挑戦し注目を集める。 

 

さらにBSフジ「ESPRIT JAPON」の企画にて、女優・新川優愛をモデルとした金箔工芸と絵画を融合させた絵画を制作。

この頃になると、テレビ番組のメディアで「完売画家」として取り上げられるように。

 

・2019年
東京藝術大学出身の漫画家・山口つばさと「ねとらぼ」で対談し話題に。

7月、瀬戸内寂聴さんを描きTBS「NEWS23」にて特集される。

この投稿をInstagramで見る

「慈悲」について 少し間が空いてしまいましたが作品についての解説を。 最初に作品を描かせて頂く事が決まった際、まず僕自身決めていたのは「額縁にガラスは入れない」ということでした。 先生は誰に対しても飾らず、分け隔てなく接せられる方です。 にも関わらず、僕の作品が見る方と先生の間に壁を作っていいはずがない。 そう考えたのです。 そして、先生は 今より遥かに女性の社会進出が難しかった時代、自らの足で歩み、自身の人生を切り開いた方です。 さらに、震災などの自然災害が起こる度に身一つで現地に駆けつけた姿を僕は多くの資料で目にしました。 先生の作品は出来ることであれば、壁を必要とせず自立するようなものに出来ないだろうか。 こうも同時に考えていました。 その時に、観音開きの額縁というアイディアを思いついたのです。 三面からなる作品はそれぞれが支え合って自立します。 そして、閉じればお互いを保護してくれるのです。 先生の背景には紫陽花を選びまたした。 天台寺は先生が住職として晋山された際に紫陽花の名所にしょうと植樹を始めた事がきっかけで、今は立派な紫陽花が季節になると参道に咲き誇ります。 既に先生は住職を退かれ、名誉住職でいらっしゃいますが、30年以上経った今でも小中学生が課外活動で植樹をする事があるそうで、1人の想いから始まりそれが多くの人々に伝染していくこのストリーは実に先生らしいものだと僕は感じましたし、加えて実に興味深かったのは紫陽花の花言葉 「移り気」「無情」「浮気」そして「忍耐強い愛情」 まさしく先生の作品に共通するテーマのように感じました。 それを先生に伝えたら「私の人生みたいね」と屈託なく笑われていたのもとても印象的でした。 中心に佇む先生は向かい合う方々がそれぞれの想いをもって接する事が出来るよう、最も先生らしい表情「笑顔」の先生を描かせて頂きました。 描きながら気づいた事は先生のお顔にある皺の多くが「笑い皺」という事で、どんなに辛い時でもまずは笑いなさいという先生の言葉を先生自身が実践してきた証を先生のお姿に見つける事が出来ました。 最後に、表板の花畑の絵ですが、僕から見れば先生は「花道」を歩まれた方。 でも少し注意して見ると先生は道なき道を歩き、結果的にそこに道が出来き、名も無き花が沢山そこに咲いた花道だと、そう気付かされたのです。 長く長く、僕の想像力が遥かに及ばない程に濃密な先生の人生に今回作品を描く事で少しだけ触れさせて頂けた事は、僕のこれからの人生に本当に大きな意味がある事だと感じています。 「なぜ拙作のモデルを引き受けてくださったのですか?」との僕の問いに さらりと 「次の時代は貴方達が作るからよ」 と答えてくださった先生のような度量の大きさを僕も少しずつでも獲得していかなければいけませんね。 #瀬戸内寂聴 先生 #慈悲 #油絵 #絵画 #油絵の具 #油彩 #画家 #中島健太 #oilpainting #silverleaf #art

画家 中島健太さん(@painterkenta)がシェアした投稿 –

 

 9月16日、TBSの朝の新情報番組「グッとラック!」の番組ポスターを描き、同番組の木曜コメンテーターとしての出演も発表される。

この投稿をInstagramで見る

【中島健太が描いた番組ポスター公開!!そして、木曜日コメンテーターに決定!!】 930日(月)からスタートするTBS8時の情報番組『グッとラック!』の番組ポスターを、中島健太が描かせて頂きました!番組MCの立川志らくさん、国山ハセンさん、アシスタントの若林有子さんへ事前取材を行い、絵の余白部分には中島健太のアイデアで、 幼稚園児が「好きなもの」「笑顔」をテーマに自由に描いた作品が描かれています。このポスターは、新宿駅や渋谷駅など都内の主要駅に掲示され、原画作品は、926日よりTBSギャラリー内にて展示予定です。 そして、ポスタービジュアルの制作過程を収めたドキュメンタリー映像が、番組公式サイトにて公開! https://www.tbs.co.jp/guttoluck-tbs/ そしてそして、 「木曜日コメンテーター」として番組に出演することも決定! 番組ポスター、そしてコメンテーターとして出演する中島健太を 是非チェックしてくださいね!! #グッとラック! #tbs #930日朝8時スタート #立川志らく #国山ハセン #若林有子 #画家 #中島健太

画家 中島健太さん(@painterkenta)がシェアした投稿 –

 

以上が経歴になります。

 

中島さんはデビューから作品はよく売れてます。

 

「よく売れる」というのは現在の美術業界ではレアな事ですよね。

 

ですので、売れるという事自体でかなりメディアに取り上げられ話題になっていたこともあり、沢山の人が寄ってくるようになったそうです。

 

その中で、好条件で取引したいと提案してくれるギャラリーがあり、中島さんはその話に安易に飛びついてしまったそう。

 

そして、そのギャラリーこそが、中島さんの初個展で売り上げを持ち逃げした画廊さんだったというわけです。

 

紆余曲折があり、今の地位にいる中島さん。

 

コメンテーターとして出演されるようになると、そのルックスと経歴で更にメディアの引っ張りだこになりそうですね!

 

今後の中島健太さんに注目していきましょう!

中島健太の作品の価格や通販・販売店は?

中島健太さんの作品は、女性のモデルが多いとのこと。

 

中島さんの人物画は「内面的な魅力を描きだす」「温もりがある絵」として評価されているようです。

 

制作した作品は全て完売、手元に作品が1枚も残っていないことから「完売画家」と呼ばれるように。

 

そんな中島さんの作品は、中島さんの人気上昇共に価格も上昇。

 

500万円の価格がついた作品もあるそう。

 

また、最近の個展でも400万円の値が付いた作品も全て完売。

 

個展では400万~500万が相場なのかもしれませんね!

 

中島健太|作品の通販・販売店

中島健太さんの作品は、オフィシャルウェブサイトにて購入することが出来ます。

 

≫≫中島健太のオフィシャルウェブサイトはコチラ

 

現時点(10月3日)ではSOLDOUTの作品が多数ですので、絶対欲しいと思っている方は早めにチェックされた方がよさそうです!

 

SOLDOUT以外の作品でお気に召すものがあるといいですね♪

 

まとめ

今回の【中島健太の経歴・プロフィール!作品の価格や通販・販売店は?】はいかがでしたでしょうか。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いの、今大注目の画家・中島健太さん。

 

上川隆也さんに似たイケメンのルックスと温もりのあるタッチ、写真のよう精密に描かれている写実絵画が特徴の絵画。

 

コメンテーターとして毎週お茶の間に登場することになり、ますます人気・知名度共に上がってきますので、作品の価格も更に上昇するかもしれませんね!

 

また、作品が入手困難になる可能性の十分あり得ますので、中島さんの作品の購入をお考えの方は、こまめに公式サイトをチェックすることをオススメいたします。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!