ドラマ

坂の途中の家(ドラマ)理沙子の娘役の子は誰?プロフィールや経歴も

2019年4月27日(土)スタートのwowow連続ドラマW「坂の途中の家」の子役が話題を呼んでいますね!

 

角田光代の傑作サスペンスを毎週土曜日・夜10時(全6話)柴咲コウさん主演でお届けします。

 

子育ての葛藤・夫婦のすれ違い・不妊不倫・家族に潜み闇などを描いた同ドラマですが、子役の演技力にも注目が集まっています。

 

今回は坂の途中の家(ドラマ)理沙子の娘役の子は誰?プロフィールや経歴も】と題して調べてみました!

 

坂の途中の家(ドラマ)理沙子の娘役の子は誰?

柴咲コウ演じる山崎里沙子の娘・文香役を演じたのは  

 

松本笑花さん(まつもとえみか)

 

さんでした! 

転載元:映画.com

 

「坂の途中の家」の完成披露試写会の舞台挨拶中に、花束を持ってサプライズ登場した松本笑花さん。

 

柴咲コウさんは、「会えて嬉しい。ちょっと大きくなった?髪もの伸びたね。可愛くなりました!」と母の表情で笑顔を浮かべながらお話しされていたのが印象的でしたね!

 

また、「子役というのが不思議なぐらい自然で、私も自然にお芝居をでき、勉強させていただきました。」と松本笑花さんの演技を絶賛されていました。

 

天才子役の松本笑花さんも出演される「坂の途中の家」のあらすじをみていきましょう!

 

「坂の途中の家」あらすじ

3歳の娘・文香(松本笑花)と夫・陽一郎(田辺誠一)と平穏な日々を送っていた山崎里沙子(柴咲コウ)に、ある日、裁判所から刑事事件の裁判員の候補者に里沙子が選ばれたという通知が届いた。

対象の事件は、理沙子と同じ年代の専業主婦・安藤水穂(水野美紀)が、生後8か月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった…。

裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ないときに、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。

最初は嫌悪感を抱くが、徐々に安藤水穂にという被告の境遇に、自らの人生と被告の人生を重ね合わせていく…。

家庭という密室で、夫婦・親子の間で交わされた言葉は、時に刃物のように突き刺さることがある。

やがて里沙子は自身の心に眠っていた渾然とした感情に惑わされていく。

転載元:wowowオンライン

 

主演:柴咲コウに加え、田辺誠一・伊藤歩・眞島秀和・倍賞美津子・高畑淳子・光石研・風吹ジュン・水野美紀らの実力派俳優陣が脇を固める豪華キャストが集結しています。

 

無意識に娘の子育てにストレスを感じていた専業主婦の主人公を熱演されている柴咲コウさんにも注目です!

 

坂の途中の家(ドラマ)理沙子の娘役のプロフィールや経歴も

松本笑花さんのプロフィールを早速みていきましょう!

名前:松本笑花(まつもとえみか)

生年月日:2013年2月4日

年齢:6歳

星座:みずがめ座

 

2017年の時点ではセントラルに所属していたようですが、現在の所属は見当たりませんでした。

 

分かり次第、追記していきたいと思います。

 

大物俳優も認める確かな演技力・プロ意識が高く現場の撮影も滞ることなく進んだそうです。

 

6歳にして早くも大物女優の風格を現し始めていますね!

 

今後も松本笑花さんの演技に注目です!!

経歴

◆テレビドラマ

2016年4月
TBSテレビ「私 結婚できないんじゃなくてしないんです」

2016年7月
日本テレビドラマ「帰ってきた家売るオンナ」

2017年3月
テレビ東京「三匹のおっさん3~正義の味方,みたび!!~」

2017年7月
TBSドラマ「ハロー張りネズミ」

◆CM
メットライフ生命CM「保険を変えたい」篇 

 

過去に上記の出演記録がありました!

 

3歳の頃からコンスタントにご出演されているようで、徐々に天才子役の頭角を現してきたのかもしれませんね!

まとめ

今回の坂の途中の家(ドラマ)理沙子の娘役の子は誰?プロフィールや経歴も】はいかがでしたでしょうか?

 

6歳にして大物俳優をうならせる演技力の持ち主、松本笑花さん!

 

まだまだ伸びしろだらけの6歳ですので、今後どのような大物になっていくのか楽しみですね♪

 

また、同ドラマの主題歌は柴咲コウさんが歌い、作詞・作曲も行っているということですので、こちらにも注目です!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!